読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちのほけんしつ

長浜市にある『まちのほけんしつ』から、ママやお子さんに役立つ情報をお伝えします。

当院初めての食物負荷試験でした。

すこやかkidsクリニック

今日は、当院ではじめて「食物負荷試験」を実施しました。看護師さんも事務さんも全員揃って、手順を確認しながら行いましたo♡*

 

患児さんは、小1の女の子

1歳でマンゴーを食べたときに、のどの違和感と呼吸苦を訴えて、その後完全除去をしていました。保育園の給食には「マンゴー」が入ることはなかったけれど、小学校の給食には可能性があるということです。安全のためとはいえ「七夕特別メニューのフルーツポンチ」が食べられなかったのは、本人にとって残念だったということや、毎月の保護者の献立チェックも負担になっていて、もし食べられるのであれば、制限を解除したい!!という希望でした。

おうちで決められた量のマンゴーを切ってきてもらいスタートです。お母さんにお子さんの症状をよく確認してもらながら、看護師も一定時間ごとにバイタルを取ります。

3回に分けて時間を決めて食べましたが、何も症状が出ることなく本日は無事終了することができました。

本人さんも、ベッドでDVDを見ながら動かず頑張ってくれて、良かったですp(*^-^*)q

夏休み明けからは、みんなと同じメニューが食べられるね。

 

その間、職員は院長からエピペンの講習やアナフィラキシーへの対応等について学びました。「2歳までに食べたことのない食品は、その後も食べにくい傾向があるので、重症以外の子で、ご家族の希望のあるお子さんに関しては、それまでに経口負荷試験を行うのが望ましいそうです。」知らなかったなー。私たちも勉強になりました☆*゚¨゚

 

※負荷試験には事前の診察が必要になります。

(検査の説明や食べる量の相談が必須なためです)

ご希望の方は すこやかkidsクリニック 68-3213までお問い合わせください。